Market Eye

記事一覧
次の記事
 

インフレになるかもしれない

2021年07月07日(水)

それにしてもこの湿度、半端ないですね。

蒸し暑い朝を迎えました。

意外と室内よりも外のほうがクール感ありますね。

早く梅雨明けになって欲しいものです。

さて、ここのところ円安で原油高になってきています。

ガソリン入れに行ったら、コスモ石油の会員価格でレギュラーが150円でした。 まあ、安いほうなのでしょうが、久しぶりの150円台です。

この先どうなるのかな・・・と思いながら今朝の日経新聞読んでると、これじゃあ原油は安くならないな、と思うような市場動向でした。
資源と食料は輸入頼みの日本にとっては結構厳しい状況です。

いよいよデフレからインフレに向かうタイミングかもしれません。

資産運用に関しても、タンス預金はもってのほか、銀行の預金も意味なくなる時代がくるかもしれません。

日本は少子高齢化で成長しない国かもしれませんが、世界の潮流の中で、日本の国を一歩外に出れば、その状況は大きく異なります。

変幻自在でなければ、生き残れない時代になってきたともいえます。

歴史に学ぶことも大事ですが、未来を占うことのほうがもっと大事な局面かもしれません。

ひるがえって株式市場。

買い材料が見当たらないとのこと。 

売買代金は急速に細っています。

相場というものは、材料がなくて、出来高が減る、下値模索が続く、というものです。

何かしらブラックスワンが現れれば、急落ということもありそうですが、企業業績が大きく下振れしないのに、株価だけが下がったら、そこはチャンスと見るべきだと考えます。

日経平均株価でいえば、再度の28,000円割れがあると買いやすくなるのではないかと思います。

それと、東京オリンピック、コロナ下でネガティブなニュースばかり流れますが、いざ始まってみれば、日本国民、テレビにくぎ付けになるのではないでしょうか。

案ずるより産むが易し、となっていただきたいものです。

  • インフレになるかもしれない
記事一覧
次の記事
 

プロフィール

西堀敬(にしぼりたかし)

西堀敬(にしぼりたかし)

IPOジャパン編集長
(株)日本ビジネスイノベーション代表取締役
日本テクニカルアナリスト協会検定会員

1960年滋賀県生まれ。大阪市立大学商学部卒。和光証券(現、みずほ証券)の国際部、ウェザーニューズ財務部長、米国系Eコマース会社の日本法人 CFO&COO、IRコンサルティング会社取締役を経て、2011年より現職。上場会社の社外取締役を複数兼務する。
また、2002年より東京IPO編集長、2015年12月よりIPO No.1サイト『IPO Japan』を監修、編集長に就任。TV出演や経済誌への執筆、セミナーや講演会などIPOの第一人者として市場の啓蒙・発展に尽力している。

著書に『改訂版 IPO投資の基本と儲け方ズバリ!』(すばる舎)、『IPO株の本当の儲け方』(ソフトバンククリエイティブ)。


最新の記事一覧