Market Eye

記事一覧
次の記事
 

金利高・株高 

2023年01月12日(木)

日経新聞朝刊の株式欄のスクランブルに「金利高・株高」時代到来の記事がある。

12月の日銀ショックで日本も利上げに動くとのことで、市場は、円高、株安へとシフトした。

日銀の金融政策の目標値であったインフレ2%を達成(背景はともあれ)し、金融緩和も打ち止めということで、この先はインフレ退治的な利上げが欧米の後追いで起こるのではないかとの疑心暗鬼が市場には蔓延している。

だが、市場の動きをよくよく見てみると、利上げと株高はパラレルに起こることはままあることである。

経済環境が異なるケースでの「金利高・株高」かもしれないが、過去に現実に起こったこともも間違いない。

岸田総理の言うところの、物価上昇以上の賃上げが正当化できるような企業業績になるなら、多少の利上げを企業は吸収できるかもしれない。

インフレは悪と考えるのではなく、ようやく物価を上げられる時代になってきたと考えると市場もポジティブに捉えて株価も上昇するかもしれない。

バブル崩壊から30年が過ぎてようやく日本もまともな成長軌道にはいるかもしれない兆しが、インフレと金利上昇ならば受け入れていくべきかもしれない。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD112U10R10C23A1000000/

記事一覧
次の記事
 

プロフィール

西堀敬(にしぼりたかし)

西堀敬(にしぼりたかし)

IPOジャパン編集長
(株)日本ビジネスイノベーション代表取締役
日本テクニカルアナリスト協会検定会員

1960年滋賀県生まれ。大阪市立大学商学部卒。和光証券(現、みずほ証券)の国際部、ウェザーニューズ財務部長、米国系Eコマース会社の日本法人 CFO&COO、IRコンサルティング会社取締役を経て、2011年より現職。上場会社の社外取締役を複数兼務する。
また、2002年より東京IPO編集長、2015年12月よりIPO No.1サイト『IPO Japan』を監修、編集長に就任。TV出演や経済誌への執筆、セミナーや講演会などIPOの第一人者として市場の啓蒙・発展に尽力している。

著書に『改訂版 IPO投資の基本と儲け方ズバリ!』(すばる舎)、『IPO株の本当の儲け方』(ソフトバンククリエイティブ)。


最新の記事一覧