Market Eye

記事一覧
次の記事
 

今週の材料

2020年06月26日(金)

今週は3月決算企業の定時株主総会が集中して開催されています。 

注目されていたのは、LIXILの株主総会ではないでしょうか。私がMonotaRo時代からご縁を頂いていた瀬戸氏がCEOに復帰することになり、ドラマのような結果となりました。 

他にも、日産、野村証券なども結構荒れた総会になったようですが、雨降って地固まる、ではないでしょうか。 

総会でいろいろと言われても、結果オーライで、その地位に留まれた経営陣はほっと一息で総会の夜はゆっくりと眠ることができたのではないかと推測します。 

でも、再任された経営者は株主に対して重い責任があることを忘れてはいけません。 

また、企業価値向上に向けて総会翌日から邁進していただきたいものです。

そんな週の後半には、G20が大阪で開催されます。

中でも米中首脳会談には市場が注目しています。

何らかの合意があるのか? 

大方の見方は、継続協議する、に留まるです。

米中ともに大幅な譲歩は内政を考えるとあり得ない選択肢であると思われます。

一方では、米国の金融政策でFRBが7月にも利下げ実施するのではないかとの見方が支配的になっています。

お陰で円高ドル安が進んでいますが、もし仮に、7月に0.5%のFFレート引き下げとなれば、急激な円高を想定しておかないといけないと思います。

トランプ大統領の不用意な発言にも注意です。 

日米安保条約の破棄に関しても言及するくらいですから、日米貿易交渉では、ドル円で100円が妥当くらいのことは言いかねません。

何があってもおかしくない時代です。

完全リスクオンには程遠い環境が続きそうです。

記事一覧
次の記事
 

プロフィール

西堀敬(にしぼりたかし)

西堀敬(にしぼりたかし)

IPOジャパン編集長
(株)日本ビジネスイノベーション代表取締役
日本テクニカルアナリスト協会検定会員

1960年滋賀県生まれ。大阪市立大学商学部卒。和光証券(現、みずほ証券)の国際部、ウェザーニューズ財務部長、米国系Eコマース会社の日本法人 CFO&COO、IRコンサルティング会社取締役を経て、2011年より現職。上場会社の社外取締役を複数兼務する。
また、2002年より東京IPO編集長、2015年12月よりIPO No.1サイト『IPO Japan』を監修、編集長に就任。TV出演や経済誌への執筆、セミナーや講演会などIPOの第一人者として市場の啓蒙・発展に尽力している。

著書に『改訂版 IPO投資の基本と儲け方ズバリ!』(すばる舎)、『IPO株の本当の儲け方』(ソフトバンククリエイティブ)。


最新の記事一覧