Market Eye

記事一覧
次の記事
 

年初の株高

2018年01月05日(金)

皆様、新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2018年の大発会は爆騰で始まりました。

年初から縁起が良いことには違いはないのですが、ここまで浮かれてくると心配になってきます。

死角はないのか?きっと絶好調のときは、死角など見えないものです。そしてそれがバブルへとつながるのだということは、市場参加者の誰もが頭ではわかっていることなのだと思います。

ただ、1980年代後半との違いは、投資家が代替わりしているということです。

団塊の世代から団塊ジュニアへ、そして、そのまた下の世代へと、バブルをしらない世代が主役になって今の相場を動かしているのです。

ある意味で、怖いもの知らず、と言えなくもありません。

死角を考えるときりがありませんが、新聞を読んでいると、景気の潮目が変わりそうなニュースが散見されます。 

それが個別の企業の業績となって表れてくるのはまだ半年から1年先かもしれません。

ですが、株式市場は常に先を見通す先見性があります。 

投資家はその小さなニュースにも気を配りながら、先を考えるべきです。

相場の格言に、もうはまだなり、まだはもうなり、という言葉があります。 

いまはどちらなのか?微妙な局面ではありますが、もうはまだなり、と考えた投資家が大発会では多かったというのが現実だと思います。

ですが、投資の鉄則は、臨機応変です。流れに身を任せることも大事ですが、どこかで、その流れから降りる必要もあります。

乗り遅れまいとする、でも、すでに、降り始めている人がいるかもしれないと考えることも大事です。

人の行く裏に道あり花の山、という格言もあります。

2018年、始まったばかりではありますが、早めに御屠蘇気分を抜いて、現実と真実を見極めていきたいものです。

記事一覧
次の記事
 

プロフィール

西堀敬(にしぼりたかし)

西堀敬(にしぼりたかし)

IPOジャパン編集長
(株)日本ビジネスイノベーション代表取締役
日本テクニカルアナリスト協会検定会員

1960年、滋賀県生まれ。大阪市立大学商学部卒。和光証券(現、みずほ証券)の国際部門で国内外で10年勤務。その後、さまざまな要職を歴任した後、2011年から日本ビジネスイノベーションの代表取締役。IPO関連情報の集積度では日本一を誇るサイト「東京IPO」の編集長を2002年から2015年まで務め、日経新聞、東洋経済、週刊エコノミスト、マネーポスト、テレビ東京、Bloomberg TV、日経CNBCなどの各経済媒体に出演。IR説明会、講演、セミナー等も行い、IPO市場の啓蒙・発展に尽力している。2015年12月IPO Japan編集長就任。

著書に『IPO株の本当の儲け方』(ソフトバンククリエイティブ)や『IPO投資の基本と儲け方ズバリ! 』(すばる舎)がある。現在、四季報オンラインに定期寄稿中。上場会社の社外取締役も複数務める。


最新の記事一覧