Market Eye

記事一覧
次の記事
 

日本株はグローバル景気敏感株

2017年11月08日(水)

日経平均株価が1992年1月来の高値となりました。

1992年と言えば、いまから25年も前の話です。 

そのころ私は証券界に居ましたが、いま、証券会社の最前線で仕事をしている人たちのほとんどはその頃はまだ社会人にもなっていなくて、まだ幼少期ではかったのではないでしょうか。

その意味では、25年ぶりの高値というよりも、人生の中での高値更新と言った方が良いと思いますね。

日経新聞はこの相場に国内勢は乗り切れていないとの記事を書いていますが、それは当然のことではないかと思います。

バブルを知らない世代は、相場は常に下げるもの、物価は下がるもの、すべてが下げる中で育ってきました。

日銀の黒田総裁は2%の物価上昇、デフレ脱却を目標にしていますが、日本人のマインドが変わらない限り、その実現は難しいように思います。
たとえ株高でも、日本国の将来を考えればバラ色では決してありません。 

少子高齢化、労働人口の減少、そして重い財政赤字、なにをどう考えても、消費に回すお金を増やそうとは考えられないと思います。

ただ、ここでよくよく考えないといけないのは、日本という国だけを見ていると、間違えるということです。 

日本株はグローバル景気敏感株と言われています。 

日本が日本国内の内需だけで生きているわけではないことは皆さん承知のことです。 

世界経済の成長を最もうまく取り込める国でもあることを忘れてはいけません。

とすれば、やはり、マクロでみる日本経済は今しばらくは快調に成長すると考えるべきです。 

株高に関しては、いつまで続くのか?とよく聞かれますが、いつまでも続く相場はないということだけは念頭に入れておくべきです。 

この相場はすでに2ヶ月が過ぎようとしています。

大きな調整はなくても、足踏み状態にはいつ入ってもおかしくないはずです。 

今日の日経新聞に市場関係の株価の行方に関する記事があります。まあまあいい水準まで上がってきたとの認識です。

まだはもうなり、もうはまだなり、どちらかと言えば、その中間点くらいだと考えています。

死角がないようですが、テールリスクには要注意です。

記事一覧
次の記事
 

プロフィール

西堀敬(にしぼりたかし)

西堀敬(にしぼりたかし)

IPOジャパン編集長
(株)日本ビジネスイノベーション代表取締役
日本テクニカルアナリスト協会検定会員

1960年、滋賀県生まれ。大阪市立大学商学部卒。和光証券(現、みずほ証券)の国際部門で国内外で10年勤務。その後、さまざまな要職を歴任した後、2011年から日本ビジネスイノベーションの代表取締役。IPO関連情報の集積度では日本一を誇るサイト「東京IPO」の編集長を2002年から2015年まで務め、日経新聞、東洋経済、週刊エコノミスト、マネーポスト、テレビ東京、Bloomberg TV、日経CNBCなどの各経済媒体に出演。IR説明会、講演、セミナー等も行い、IPO市場の啓蒙・発展に尽力している。2015年12月IPO Japan編集長就任。

著書に『IPO株の本当の儲け方』(ソフトバンククリエイティブ)や『IPO投資の基本と儲け方ズバリ! 』(すばる舎)がある。現在、四季報オンラインに定期寄稿中。上場会社の社外取締役も複数務める。


最新の記事一覧